2014年を振り返る

今年は自分としては仕事のウェイトを増やしたつもりでいる。 ウェブエンジニアを軸足に、マネージメント方面にも本格的に足を踏み入れ始めた。 いい歳なので、きっとここから5年くらいが1つの正念場なのだと思っている。

自分は身体障害者なのだけど、2012年の転職活動などを通じて普通にやっているだけでは普通にやっている人未満にしかなれないとよく分かった。 今の会社で働けているのは本当に幸運なことだ。なまじ平常時は健常者と殆ど変わらないだけに、あまりそのことを理解できていなかった。 自分が今後自分らしくふるまっていくためには人一倍スマートにやっていく必要があるし、そのように振る舞いたい。

そのためにも成果を出して、きちんと自分の市場価値を高めていきたい。 こうして書くと意識だけが高い人っぽくなってしまうけど、これは自分にとって切実な問題だ。


今年読んだ本で考え方に反映されているのはこの辺りかな。

オブジェクト指向入門 第2版 原則・コンセプト (IT Architect’Archive クラシックモダン・コンピューティング)

オブジェクト指向入門 第2版 原則・コンセプト (IT Architect’Archive クラシックモダン・コンピューティング)

オブジェクト指向に入門しつつある - 下林明正のブログ

マネジメント[エッセンシャル版]

マネジメント[エッセンシャル版]

ドラッカーのマネジメント を読んだ - 下林明正のブログ

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと

最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと を読んだ - 下林明正のブログ

イシューからはじめよ を読んだ - 下林明正のブログ

こうして並べると今年後半になって読んだ本の方が身になっている様子。来年はもう少し技術書のウェイトを増やしたいなあ。

ちなみに、去年の振り返りはこういう感じだった。