2013年を振り返る

今年

「大人になると時間が短くなる」というけど、自分はこれまでそう思ったことがあまりない。 代わりに思うのは「一年は早かったけどまた遠くまできた」というようなことで、一年前の自分がどういう人間だったか思い出したくもないけどまあ自分なりに成長を感じている。

今年の前半は睡眠失敗し続けて体調最悪で、1月末に腸炎になったときには死ぬかと思ったけど、シリコン粘土耳栓をゲットしてからはまあまあちゃんと眠れるようになった。 しかし未だに十分な睡眠の質を確保できていないと感じていて、引き続き睡眠を改善していきたい気持ちがある。

今年の中盤は読書の影響かTRPGに対するモチベーションが無意味に高まっていて、これまであまり気にしていなかった歴史書や資料本にも少し手を出したりしていた。 コンベンションにも何度か顔を出してみたものも、結局いまいち馴染めなかった。 最近では友達の大学サークルOBが遊んでいるオンセに参加させてもらったりしている。

今年の後半は自転車熱が再燃してきて、ぼちぼちと走っていた。 それに伴い常に体調不安定なのが気になり始めて中学生レベルの栄養学を勉強したりして、食生活の改善をした。その結果、体調が安定しないのはまあ相変わらずだけどニキビで荒れていた肌の調子がかなり良くなってきた。

今年は自分にしてはかなり本を読んだ年だったなあと思う。 非技術書が大半で、教養とか常識みたいなものが以前よりは身についた。

栄養の基本がわかる図解事典

栄養の基本がわかる図解事典

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)

毒になる親 一生苦しむ子供 (講談社プラスアルファ文庫)

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

イノベーションと企業家精神 (ドラッカー名著集)

ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫)

ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫)

この辺りの本が特に良かった。

2012年の振り返り では

具体的には、仕事の傍らで勉強とものづくりを続けていきたい。 来年もよろしくお願いいたします。

とか言ってるけど、今年は特にものづくりっぽいことしなかった。

裏で一応目標を立てていて、読書数の目標は余裕で達成できてるんだけど、何かをつくるという目標はこれっぽちも達成できなかった。

来年

何にせよ先ずは体調を安定させたい。衣食住のうち食は最低限の水準を確保したつもりになってるから、原因があるとしたら残り2つだと思ってる。

また、個人的には色々と勉強できていて良いと思ってるんだけど、ウェブエンジニアとしてのプレゼンスは特に向上してない。 社会あっての個人だから、このままでは良くないので、何とかしたい。

書いていて分かったけど、問題意識はあるけど具体的なアクションプランが自分には無いので、来年は先ずそこから考えようと思った。