下林明正のブログ

思いついたことを適当に書いています。

アジャイルレトロスペクティブズ 強いチームを育てる「ふりかえり」の手引き を読んだ

アジャイル開発の核心ともいえる「レトロスペクティブ(ふりかえり)」について実践的に解説し、高く評価されている原書Agile Retrospectives: Making Good Teams Great(2006年7月発行)を翻訳。 チームの状態を点検・改善してプロジェクトを成功に導くレトロスペクティブの方法を具体的に詳解する。

  • CSMはみんな読んでるらしいので読むことにした
    • 僕はCSMではないです
  • 基本的にはふりかえりを設計するための部品を色々と紹介してくれてる感じ
  • 過去に読んだ本だとゲームストーミングと近い。ゲームストーミングはふりかえりに限らず広めに色々な部品を紹介しているのに対して、この本はふりかえりに絞っている感じ
    • ゲームストーミングの読書エントリー見つけられなかった……
  • 社内では例えば「タイムライン」をよく見る
  • 一方で、ふりかえりといったら「KPT」や「YWT」を自分は最初にイメージするんだけど、そういったフレームワークは直接的にはこの本では紹介されていない(と思う)。そういう意味では、全てを網羅しているわけでは当然無い
  • なので、この本のエッセンスを取り入れつつ、この本だけで完結するのではなくほかからも様々な知見を取り入れて最適だと思うふりかえりをやっていくと良さそう
  • 読み物というよりは、カタログとして手元に置いておくと便利そうな本だと思った