大承認をつくった

大承認

先日、大承認というウェブサービスはてラボでリリースした。

これははてなのサービス開発合宿で開発していたものなんだけど、以前の個人的な振り返りの段階からリリースできるところまで持ってこれて良かった。 「キラ承認」がお気に入りで、発案して正解だった。

正直かなりハイコンテクストなサービスで、僕も開発チームにジョインしてから実際に使えるようになるまで内心「どうなんだろう?」と思っていた。

しかし、大承認のヘルプページにもあるように「クリエイターのためのオアシス」をつくりたいという思いが大承認ファウンダーたちには確かにあって、結果として良い物ができたのではないか、と思っている。 自分の承認を見返していると確かに癒されるし、他人の承認を見ると知らなかった一面が見えてくる。

とはいえ万人に伝わるものでは当然なくて、これはやっぱり合宿の勢いとはてラボという場が無ければリリースできなかっただろうなあ、とも思っている。

開発面でいえば、大承認ファウンダーであり信用のできるエンジニアとデザイナーの2人がいたので、僕の元々持っていたherokuの知見や第三者的な立ち位置を活かしてなるべく彼らがやりたいことができるようにしつつも変な方向に行き過ぎないように補佐した、というつもりでいる。

まあそんなわけで、ちょっと遅くなったけど大承認チームとしてこのサービスをリリースできたことを嬉しく思います。 このサービスが少しでも誰かの活力になれば幸いです。