「ランニング・リーン」を読んだ

はいはいリーンリーン。 で流してしまうのはもったいない。

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERIES)

個人的には、事業の立ち上げはリーン・スタートアップ方式が全てでは無いので、ディレクション権限を握った人間がきちんと方法論を持っているのなら別にリーンは要らないと思っている。 逆を言えば、方法論を持っていないのなら何かしらの方法論を持つ必要がある。そうでなければ、単なるギャンブルでしかない。 で、実際には誰も何も持ってないなんてのはありがちな話なので、学んだほうが良い状況は多いと考えている。

本書の内容は、ざっくりと言うとビジネスモデルをリーンキャンバスに落としこんで分割統治する方法、だと読んでいる。 リーン・スタートアップを読んだだけではその理論は分かっても実際にどう実践すれば良いのか分からないという状態だったので、そういう人には役に立つ。

正直リーン・スタートアップの入り口にも立てていない状態で実践法を学んでも順序が違うと思っていたけど、実際に読んでみると実践法を知らないからこそ入り口に立てていないのだと考えなおし、リーン・スタートアップとセットで読むべき本だと今は考えている。

また、仮に自律分散的な組織を目指すのなら、やはり本書が役立つだろう。 なぜなら、ディレクターの胸の内にあるだけの方法論を本書を通じて全員で共有することが出来るからだ。 方法論が一致しているのならスムーズに意思決定することができる。

以前のエントリーでも書いたけど、エンジニアリングが役に立つのは正しい問題設定ができているときだけで、流れの激しいウェブ業界ではそれが一番難しい。 僕は無駄な仕事をしたくないので、こうした技能をもっと学んでいきたいと考えている。