わかる!電子工作の基本100を読んだ

わかる!電子工作の基本100

わかる!電子工作の基本100

読んだといっても、ちょっと他に勉強したいことができてしまったので、後半は割りと読み飛ばしてしまった。 でも目に入る内容が良くて、読み飛ばすのが申し訳ない感じだった。

ソフトウェアの表現の範囲はハードウェアに制限されるから、 ハードウェアも少しは触れたほうが圧倒的に表現力が増すと思う。 実際、僕はセンサー機器をつくって様々な数値をグラフ化しているけど、電子工作に手を出していなかったら現状では実現はできなかったと思う。

そういった表現の手助けをしてくれる、良い本だと感じる。また僕が電子工作に手を出す時には、この本を参照し直すと思う。