自転車で100km走った

桂川沿いを走って戻ってきた。片道だいたい50kmあって、往復で100kmくらい走ったことになる。

行きの道は快適そのもので、空は晴れ風もなく一面には菜の花が広がっており平均時速30kmくらいで走ることができて最高の状態だった。 出る時間が遅かったのでチェックポイントまで行くつもりは無かったんだけど、苦もなく到着することができた。

2時間くらいなのでかなり早い

ガストでお昼を済ませて外に出てみると全ては一転、空は曇り強烈な向かい風に見まわれ体温がどんどん奪われ始めた。雨は降らなかったのが不幸中の幸いといったところで、かなりキツかったけど無事帰ることができた。

Instagram

実のところ1日で100km走るのは僕にとっては最長記録なはずで、今後のペース配分や自転車の調整の仕方などの参考になった。 つまり、復路は往路ほど良いコンディションであるとは限らないので余力は半分以上残しておくべきだし、長距離を走るならサドルは気持ち低めの方が楽なのでそのようにすると良い。

今回はビンディングペダルを7年ぶりくらいに装着して走ってみたのだけど、やはり圧倒的に楽になった。特に、坂道が非常に楽になる。これまではトゥークリップで我慢していたけど、やはり一度ビンディングを知ってしまうとどうしてもビンディングを使いたくなってしまう。 ビンディングは日常では使わないのでいまいち購入するふんぎりがつかないでいたのだけど、買ってよかったと思う。

SHIMANO(シマノ) PD-A530-L [EPDA530L] SPDクリート付ペダル ブラック

SHIMANO(シマノ) PD-A530-L [EPDA530L] SPDクリート付ペダル ブラック

僕が持っているペダルはPD-530というやつだけど、だいたいこれと同じで片面フラットペダルになっている。なので、普段使いにも支障がなくて良い。 ただ、ブラックカラーだとシューズクリートでコーティングが削れて金属面が露出してきてダサい感じがするので、ブラックかシルバーかで迷ったらシルバーを買ったほうが良いのかもしれない。

SPD-SLで片面フラットペダルがあったらそれでも良いかも知れないけど、今のところそのような製品は知らないし、SPD-SLシューズではまともに歩けないという噂なので僕のように趣味でちんたら自転車に乗ってる人間はSPDで良いのではないかと思う。