"ナイトランド 3号"読んだ

ナイトランド 3号(秋2012)

ナイトランド 3号(秋2012)

特にこれまで文芸誌みたいなのを読む習慣無かったんだけど、去年のSFセミナーで創刊号を買って読んで以来ちまちま読むようになった。

一応ホラー&ダーク・ファンタジー専門誌ってなってるけど、実態はクトゥルーアンソロジーみたいな感じ。 クトゥルーは本家ラヴクラフト読もうとして盛り上がらなくて失敗したままなんだけど、1984年とかDawn of the Deadみたいな感じで基本的な教養だから、勉強しないとコンテンツを楽しみきれないとずっと思ってた。 なので、クトゥルー文化圏の勉強も兼ねて読んでる。

載ってる小説も正直そんなに良い物揃いとは思ってないんだけど、それが逆に肩の力を抜いて読めて良い。これは名作です、っていって渡されるとずっと緊張して読んでしまう。今までそういう本の読み方しかしてこなかった。たまに普通におもしろい小説とかも混ざってるのが良い。