読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近ボードゲームを遊んでいない

日記 ボードゲーム

真面目っぽいやつはブログ分離したので(サイドバーからどうぞ)、こっちはなんかもっと適当にブログ書いていこうと思ったので適当に書いていこう。

ボドゲ遊んでいないなあとここ1年~は思っている気がする。 東京にいたときと比べて京都にきてから頻度は下がった。

現状遊ぼうと思うとオフィスの定時後で遊ぶことになるんだけど、これがネックになっている気がする。 というのも、ボードゲームをやると確実に夜遅くになってしまい、次の日が辛いから。

あと、新しいボードゲームを買ってない・買ってくる人がいないのもある気がする。 まあ、高いし、邪魔だからね。 スタンダードなゲームが無いのも原因かな。 以前はカタンとかとりあえずやろうって感じだったけど、今の環境だととりあえずこれ遊ぼうっていうのが無い。 カタンそのものも新版になって正直コンポーネントのデキが良くないというのもありそう。10年位前に買ったカタンはさすがにもう汚い……。

そもそも根本的に、自分も含めて周囲で機運が低まっているのがある気がする。 まあ元々ほぼ僕が始めた活動だったから僕がやらなくなったらこうなるだろうなという気はするけど。

加齢も関係あるかもなあ。以前は大学生っぽく月1くらいで誰かの家に集まって遊んでたけど、最近はそうでもない。いや、これは加齢というよりはやりそうなメンバーの性質の問題か。集まりやすい場所も無いしなあ。 とはいえライフステージが変わって集まりづらくなるという普遍的問題は発生しているし、地方に来てそれは顕著に感じる。

以前ほどあんまりボードゲームを面白いと思うことが少なくなったというのもあるかもなあ。なんでだろう。少し慣れちゃったのかな。

まあ別にボードゲームやらなくてもいいかと思いつつ、やらないともはや仕事以外で他人と会話することがあまりなくなり、それはそれでどうなのかという気はし続けている。

世間的にはボードゲームはまだ盛り上がってきていると思うんだけど、案外自分はそうでもないというところに何かギャップを感じる。あるいは以前こそが加速度があったから盛り上がっていたのだろうか。

ボードゲーム会とか何度か行ったことあるけどどうもよそよそしさが落ち着かないし、なんともはや。自分にとってはやっぱ誰かの家で遊ぶものなのかも知れない。

久しぶりに自転車で走った

自転車 日記

釣りばっかしてて自転車に全然乗ってなかったけどそろそろシーズンも終わりそうなのでついていった。

shimobayashi.hatenablog.com

から半年ぶり。

コースとしては六丁峠→神明峠→京北→裏京見峠という感じで自宅からだと合計90kmくらいじゃなかろうか。 体力がどれくらい衰えているか気にしていたけど、元々カスみたいな感じなので変わりはなかった。

とにかく坂が登れなくて辛い。トルクが足りてない感じ。多分筋肉量が足りてない。スクワットとかしてたけどもっと負荷かけないとダメそう。自転車で使う筋肉結構独特なので、足元ペダルマシーンみたいなやつとかが無いとあんまり鍛えられる気がしなくなってきた。 今日もめっちゃチンタラ登ったり歩いたりしてたので結構同伴者を待たせてしまった。人並みに登れるようにはなりたい。

相変わらず尻も痛くて、サドルが合ってないと思う。登れないし尻も痛いので二重苦。多分尻の肉が薄くて、坐骨のあたりが痛む。でも合うサドル探すのはかなりギャンブルな印象だし、今のサドルは見た目は気に入っているので、高級なレーパンを買うのが良いかもしれない。

そんな感じだったし曇っていて景色もあまり良くなかったので写真は撮らなかった。ダムのあたりの水が干上がっていて見ごたえはあった。写真撮りにきてる人もちらほら見かけた。まあ、久しぶりに走ってリフレッシュできたし、飯はうまかったので良かった。飯の写真だけは撮った。

正直あんまり期待してなかったけどかなりおいしかった。ただの卵かけご飯もなんか地鶏の卵で思いの外良い味。

そんな感じでとにかく登れるようになりたいという一日だった。

ポートアイランド北公園に釣りに行ってきた

釣り 日記

先日、初めて釣果情報ありきで釣りに行った。 フィッシングマックスのアプリが釣果情報をチェックするのに便利で使っていて、デカアジが釣れている場所を選んでいった。

ネット上の情報を見る限り西側の桟橋で投げサビキでアジ釣りをするのが良さそうだったのでそちらへ移動。

底でデカアジが釣れるらしいのでウキ止めゴムの位置を調整して底を狙うようにした。事前情報では水深6mくらいかと思っていたが、実際には10mくらいあったんじゃないか?と思う。ウキ止めゴムの調整の仕方がよく分かってなくて、まだ手間取る。 下カゴで最初はフタ付きのコマセカゴを使っていたけど、全然アミエビが拡散していなかったのでフタ無しのカゴに変更。 しかしライントラブルやら何やらでカゴをなくして萎えてしまい、港内側で中サバ(22cm前後)が釣れていたのでウキを外して普通のサビキをやったりする。 自分は小イワシ、小アジしか釣れなかった。この日は目に見えてイワシの大群が多かった。

段々それにも飽きてきて投げサビキを再開。仕掛けをふっ飛ばしてしまったのでリアルアミエビという高級サビキを投入。このあたりから中アジ(17cm前後)が釣れ始め、段々コツを掴んで最後まで継続的に釣り続けられた。 手元だとイワシにエサ取られて終わりだけど、壁から10mくらいの距離で安定して中アジがヒットしていたので何か流れがあったのだと思う。逆に20mとかの距離ではあまり釣れなかった。 波が強くてウキが立ってるのか倒れてるのか良く分からなかったけど、7割位は当たったらウキがスッと沈むことが多かったのでそれほど迷わなかった。 投げサビキも着底してからシャクればエサが撒けることも分かった(ちょっと位置が動いてしまうけど、広く場所を探るという意味では悪くはないはず)。 釣れるようにするコツはアミエビをとにかくやわらかくカゴにいれることで、着水したら爆発させるくらいの気負いが大事だったと思う。 ようやく投げサビキで釣れたので、感覚をつかめた。

最後はリアルアミエビの針が変な魚に食いちぎられたので終了。 周囲の釣り人はそれほど釣れてなかったように見えたので、結構うまくやれたほうなんじゃないだろうか。 余った時間でジグを投げたけど特に釣れなかった。一度手応えはあったけど、あれは多分ゴミをひっかけただけだと思う。

たまーにサヨリなんかも回遊していたようだけど、基本的にイワシに邪魔されて釣れる感じではなかった。 壁でカサゴくらいは釣れないかと思ったけど、それもなかった。

13時釣り始め17時納竿。 良い釣り場だった。また来たい。 曇りの予報だったけどずっと晴れていて日焼け止めあまり塗ってなかったのでめちゃくちゃ日焼けした。

なぜこの地形で釣れるのかは良く分からなかった。潮通しが良いのだろうか。 狭い桟橋を自転車とかバイクで通る人が結構多かったのは若干やりづらかった。 おそらく夜釣りが本番で、帰る頃には人がどんどん増えて駐車場がいっぱいになっていた。

数数えてないけどこれくらい釣れた。 一応〆てみたりしたけど、意味があったのかは良く分からない。

捌いてる最後の方に頭を落とさなくてもいい感じに内蔵を取る方法を思い出した。 腹を割いてエラごと取るのだった。

サバは味噌煮込みに、大きめのアジを塩焼きにし、それ以外は全部フライにしていただいた。 塩焼きは正直バリエーションを増やすくらいの気持ちしかなかったのだけど、フライとは違ったホクホクした美味しさがあってとても良かった。 フライも最初塩コショウで下味つけるの忘れてたけど、ちゃんと塩コショウ振ったらかなりのおいしさになった。 やはりこれくらいのサイズだと食べやすくてとても良い。

尺アジ釣れたら刺し身にしてみたい。尺アジはどうやら朝マズメかナイトゲームじゃないとなかなか難しいっぽい。

唯一のミスといえばアミエビを買いすぎたくらい。 店のポップに従えば全然足りなかったはずだけど、あれは多分フカセの撒き餌さとかにした場合の目安だったと思う。 これからは自分の経験を信じたい。 アミエビ3kgが冷凍庫で眠っていてめっちゃ邪魔なのでまた釣りに行って使いたい。

福田漁港と豊浜漁港に釣りに行ってきた

釣り 日記

静岡の福田漁港はボウズだった(ボラはタモ網が無くてぶっこ抜きに失敗、クサフグは当然リリース)。そもそも魚が回遊してこなかったので致し方なしという感じ。投釣りしてる人は小さいやつ釣れてた。

たまに海面が変わったところがあったので近づいてよく見てみると、どうやらシラスか何かのように見えた。

港内があまりに釣れないので東側の砂浜でテトラの根魚狙いをしようかと思ったけど、砂浜なので波が強いし水深も浅くてサーファーもたくさんいてそういう感じじゃなかった。

釣れないので日が沈むまでやってみたけど、暗くなってくると思ったよりウキが見えなくなったのでケミホタルの重要性が分かった。

愛知の豊浜漁港は小イワシがたくさんとゴンズイが1匹釣れた。

糸が絡まっていたのでスプールを外していたらドラグノブを落としてしまい、金網の網目が思った以上に荒くてそのまま海に落ちてしまった……友人のリールを借りて再開。

後で調べたらシマノのアルビオのドラグノブはシマノの取扱店から取り寄せれば200円くらいで買えるらしいことが分かったので一安心。

両面テープタイプのケミホタルっぽいやつを投げ天秤に貼ってみた。接着面が小さいのですぐに取れてしまうのではと思ったが、根掛かりして失う最後まで大丈夫だった。

はじめてゴンズイが釣れた。最初は何なのかよくわからないし見た目が気持ち悪かったので調べるのに時間がかかった。毒魚ということで持ち帰るか迷ったが、美味らしいということを知っていたのでがんばってお持ち帰りすることに。棘が三箇所あるのでハサミで切ってビニール袋に入れて隔離した。

豊浜漁港は常夜灯で夜釣りをしたくてきたんだけど、釣りするエリアは常夜灯ついてなかった。ランタンとヘッドライトを複数持ってきて良かった。ランタンは足元照らすのには便利だけど作業するにはやっぱりヘッドライトの方が良かった。ヘッドライトも高いやつは露骨に光量が違って、そちらのほうが投げた先なども見通せて便利だった。 あとはこのあたりは藻が茂っているのか投釣りはすぐに根がかってあまり向いてなかった。

小イワシは本当にたくさん釣れた。ただ、竿の感度とオモリの軽さの大事さが改めて分かった。ここまで小さいと本当に反応が小さいので、感度を高めることが釣果に繋がることが実感できた。自分の場合はいくつも竿を持ちたくないので、サビキなら極力軽いカゴを使うとかかな……。

友人が僕のジグヘッドとワームでイワシと遊んでたけど、やっぱり大きすぎてかからなかったらしい。 結構豆アジとかしかいないことも多いので、釣り終わった後の遊び用に小さいジグヘッドとワームも買おうかな。

大量の南蛮漬け。

ゴンズイは煮付けにした。 確かに白身がホクホクしていておいしかったが、いかんせん身の臭みが取れなかった。 釣った時から糞尿か何かで異常に臭く、それが最後まで取れなかった印象。 結構雑に煮付けていたので、生姜とか多めにやっていたらもっと良かったかも。 あるいは、血合いをきちんと処理できていなかったのかも知れない。

あの感じだと、ゴンズイは臭みさえ取れればサッと天ぷらにするのが一番おいしいかも知れない。また挑戦してみたい。

音海大波止に釣りに行ってきた

釣り 日記

釣り自体にはちらほら行ってたけど、そんなに学びが無かったので書いてなかった。 今回は珍しく経験者と同行したこともあって結構学びがあった。

やるぜ

9

煮付けMAX

  • あまり釣れなかった
    • 周りの人も釣れていない人が多かった
  • 自分たちはいろんな釣り方に浮気したのが結果的に良くなかった
    • 釣れている人は同じ釣り方をずっとやっていたように見えた
    • タイミングを逃していた感じがあった
    • 今回は水深がある場所に向いた仕掛けを使うべきだと思った
    • チョイ投げは藻が茂ってる場所だと根掛かりはひどくてできないことが多いので、初めての釣り場ならできたらラッキーくらいに思っておく
  • 次からはもう少し対象魚と釣り方を絞っていこうと思った
    • アジ狙いの投げサビキが数もサイズも安定しそう
    • 十分に釣れたらルアーフィッシングとかで遊ぶのが良さそう
    • 事前情報ではアオリイカが釣れてるっぽかったけど、現地ではエギングやってる人殆どいなくて釣れてもなかった
  • あとは、もっと周りの人を見ていこうと思った
    • 釣れると思っている釣りしかやってないので、真似するのが良い
    • 場所や仕掛け以外にも、ウキが倒れるまでのカウントとか
  • 釣りガチ勢みたいな人たちがいておもしろかった
    • 全身ダイワみたいな。YouTubeでしかみたこと無い感じだった
    • 釣り方がぜんぜん違うなーと思った。めっちゃその辺のおっちゃんと話しながら、回遊魚回ってくるのひたすら待ってジグずっと投げまくってた。サゴシ回ってきたの目視で確認してそこ投げて、実際釣れてた
  • 釣れた魚が少なかったので煮付けにしたけど、ウマヅラハギとメジナが個人的にはおいしかった

ウマヅラハギが多かったせいか引っ掛け釣り?という初めて見る釣り方をする人もいておもしろかった。