ヨーロッパ史における戦争 を読んだ

ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫)

ヨーロッパ史における戦争 (中公文庫)

歴史に詳しいわけでも特に興味を持ってきたわけでもないけど面白そうだったので読んでみた。

内容が非常に濃くて、200ページほどで7世紀頃から現代に至るまでタイトルの通りの内容が展開されていた。個人的には、とても良かった。 一方で、訳文についてはあまり良い品質では無かったのが残念。

僕の内容に対する大雑把な理解としては、組織や交通の発展に伴う戦争の変化の様子だった。 これ以上のことをここで書いてもあまり意味が無いので、興味を持った人は読んでみれば良いと思う。安いし。