下林明正のブログ

思いついたことを適当に書いています。

会議には、深さ優先と幅優先がある

  • ということをふと思った。うまく使い分けていきたい
  • 深さ優先というのは、1つの議題について探求するために議論するような会議のイメージ
    • 一般的に会議というとこちらのイメージの方が強そう
  • 幅優先というのは、複数の議題を効率よくまとめて処理するための会議のイメージ
    • 一般的にはダメな会議の典型と思われてそうだけど、実際はそんなことないと思う
    • 今読んでいる本にもそのようなことが書いてあった

また、生産原則の〝バッチ処理〟、つまり、同じような細かい仕事を一括処理する方法を用いれば、部下から来る数多くの中断要素をまとめておいて、次章の主題であるスタッフ・ミーティングあるいは 一対一 ミーティングで、これをランダムではなく処理することができる。こういったミーティングが定期的に開かれていれば、好き勝手な時間にマネジャーを邪魔するのをやめて、〝予定の〟時間に疑問点や問題事項を一括して持ち込むように言っても、人々がひどく抗議することはなくなって

HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント

HIGH OUTPUT MANAGEMENT(ハイアウトプット マネジメント) 人を育て、成果を最大にするマネジメント