下林明正のブログ

思いついたことを適当に書いています。

DialogflowとAWS LambdaでGoogle Homeに喋らせようとしたけど、途中でやめた

途中でやめた理由としては

とりあえずIFTTTを使わずActions on Google(Dialogflow)でGoogle Homeから家電を音声操作してみるにあるようにショートカットを使って迂回しようと思ったけど、

となっていい加減嫌になってやめた。

途中まで進めた参考情報としては、

あたりだった。

DialogflowとActions on Googleの関係とか、全体的に分かりにくいし体験が悪かった。 音声で様々な数値入力をするような複雑なアプリケーションをつくらないのなら、Dialogflowを使ってもめんどくさいだけだと感じた。

自分でRaspberry Piのnodejsを運用したくなさすぎるけど、諦めてやるのが現実解っぽい。

こういう感じでやるっぽい(ngrokの方が楽そうには見える)。 うーん、急がば回れってオチになってしまった。