金持ち父さん貧乏父さんを読んだ

数年前にウィッシュリスト経由でもらって放置していたものを気が向いて読んだ。 何かの勧誘にあったとかそういうわけではないのでご安心ください。

この本のメッセージは簡潔で、基本的には同じメッセージを伝え方を変えて繰り返しているだけだと感じた。 自分が受け取ったメッセージは以下のようなものだった。

  • 負債を減らせ、資産を増やせ
  • 法に触れない範囲内で節税しろ
  • お金のために働くな、学ぶために働け

あとは大体、これらのメッセージがいかに正しいかとか、実践するための後押しをするような内容だったと思う。

個人的には、これらのメッセージに意義を唱えるつもりは無い。 指針を簡潔に与えて後押ししてくれるという意味では、良い本なのではないでしょうか。

一方で、具体的な方法論についてはこの本から学ぶことはできないとも思う。 というのも、著者がそもそもそのように明言しているし、内容も過去のアメリカのものなので現代の日本で通用することは殆ど無いからだ。 実際に行動を起こそうと思ったら、別の本を読むなりする必要があるだろう。

更に悪い話題として、この本がネットワークビジネスや詐欺などで使われているらしいということがある。 元からそうした噂は認識していたが、実際に読んでみるとたしかにそんな危うさを感じることができた。 ネットワークビジネスを直接的に推奨していることや、マイノリティであれという内容から騙されやすい状態を作り出しがちなこと、キャッシュフローゲームの存在などがそうした物事とこの本の親和性を高めているように感じる。

個人的には、この本のメッセージ自体は悪くないけど、他人には薦められない本だという結論になった。 薦めるには、読む人にとっては毒にもなりうる危うさがあるし、僕にとってもその手の人だと誤解される危険性があるので。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)