大阪の南港に釣りに行った

男4人で行った。

以前淀川に行った時と同じような雰囲気で、周囲に釣り人はいるけど誰も釣れてないという寒々しい状況だった。時間が経てば魚群がくるという一縷の望みに賭けたが、現実は無情だった。大阪の海汚くて、ゴミが仕掛けに引っかかったりして厳しい。自分の釣り竿を買ってから一度も釣れてない。

持って行ってよかったもの

  • ウルトラライトダウンジャケット
    • これが無かったら寒さでリタイアしてたと思う。海岸は風が直接吹き付けて寒い。今日は風が強くて日が出ていなかったのでなおさらだった
  • ビクトリノックスのフィッシャーマン
    • というかこれのハサミが役立ってる。糸を切ったりイソメを切ったり。別にただのハサミでも良いとは思う
  • ペンチ
    • ガン玉を付けるのに使った。けど、どっかでペンチでやると糸が痛むので、歯で噛んで付けろって書いてあった気がする。ペンチじゃなくても十徳ナイフのピンセットとかでもなんとかできたかも

持って行かなくてよかったもの

  • トロ箱
    • クーラーボックスあれば要らなかった。別れて釣りするときにとか便利かと思ったけど、岸では分散しづらいしかさばるしそもそも釣れなければ要らない
  • 折りたたみ椅子
    • あったらいいといえばいいが、柵がある岸では割りと立たないとやりづらいのであんまりだった。あって困ることはないけど、期待したほど活躍しなかったという感じ。グループに1つあれば十分かな
  • その他魚が釣れることを前提とした道具
    • 無いと釣れた時に困るが、まあトングみたいなやつくらいがあればとりあえずあとは要らないのでは……??