読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅の照明の制御を自動化した

プログラミング

廊下の電球を人感センサー付きのものに交換しました……だけだとおもしろくないので、以前の取り組みを拡張してMi-LightとAndroidを連携させてフロアライトの制御も自動化した。

内容としては、

  • 起床すると点灯する
  • 外出すると消灯する
  • 帰宅すると点灯する
  • 21時を過ぎると寒色照明から暖色照明に変わる
  • 就寝時刻になると暖色照明から赤色照明に変わる
  • 就寝すると消灯する

という感じです。

仕組みとしては、

  • 各種イベントをAndroidのTaskerからHTTPリクエストを飛ばしてウェブ上に保存する
    • 起床・就寝時刻・就寝といったイベントはSleep As Androidインテントをトリガーにする
    • 外出・帰宅といったイベントはWi-Fiの接続状態をトリガーにする
  • Raspberry Piが毎分ウェブ上から状態を取得して、適切な命令をMi-Lightに送る

という感じです。

ポーリング方式にしたことで若干のタイムラグが発生するようになりましたが、システムとしては単純になって拡張性が増したのでまあいいかなと思っています。

電気の消し忘れを気にする必要がなくなったり、帰宅してもハンズフリーで点灯するのは結構快適です。 とりあえずは人感センサー付きの電球を導入するだけでもQOLが爆上がりするのでおすすめ。