読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

内と外の転換について

最近ぼんやりと違和感を感じていたのだけど、自分にとってブログは内向きの場所から外向きの場所に変わったな、と自覚した。

10年以上前、高専に入学して仲の良い友達とは散り散りになり、年齢相応にささくれだっていた自分にとって放言できる場所はインターネットしか無かった。広告の付かないはてなダイアリーはそんな自分の「内側感」によく馴染んだし、そのお陰か滅茶苦茶なことを沢山書いていた。

それから時が経つにつれ、はてなIDを変えたりウェブ系企業に就職したりしながら、段々とネット上での顔と実社会での顔の区別が無くなってきた。 そして転職して遂にははてなIDで仕事をするようになり、年齢相応に丸くなってきて個人的な考えを書く頻度も下がってきたところで、ようやく、自分にとってネットの立ち位置が反転したんだな、と分かった。

今の自分にとってはこのブログが外向きの場所で、私生活が内向きの場所となった。 まだ気持ちの整理がつけられていないのだけれど、実態としてそうなのだから気持ちの方も後からついて行くのだろう。

10年前ほど吐き出したい気持ちも無いので問題にはなってないのだけど、これまでに無い状況で少し戸惑っている。