読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京見峠リタイアした

自転車

早く起きたら比叡山に行くつもりだったけどそんなことはなかったので京見峠に行った。 しかし、早々に半分くらいの場所でリタイアして帰った。

自転車でどっか行くときは基本的にリタイアしなくて、かといって体力もないのでいつも大体休み休みで何とかゴールするんだけど、今回は京見峠という短めのコースでリタイアするハメになってしまった。

一番の理由は気持ちが悪くなってしまったことで、これ以上進むと危ない気がしたので諦めることにした。京見峠のふもとに行くまでに既に体調が悪い気がしていたので、嫌な予感が当たった感じだった。 異常に息も上がってしまって、峠を登る前が一番ひどくて視覚にはノイズが入って聴覚は高温域しか聞き取れないような感じになったこともあった。立ちくらみみたいな感じ。 もしかしたら朝からなかなか起きる気になれなかったし、元々体調が悪かったのかも知れない。

あとは、服装の問題もあったように思う。お腹が冷えてしまっていたし、走ったり休んだりで体温の上下についていけない感じだった。 ゴミみたいなユニクロのジャージも以前から着ていて不快感が強いので、いい加減買い換えたい気がしてきた。

最後に、もしかしたらサドルの高さを変えてトゥークリップを外したことも何かしら影響はあったかも知れない。とはいえ、こういう影響のしかたでは無いだろうなあという感じ。

まあ、これまでを思い返すと自分は本当に体力が無くなっているので、単に体力が不足していただけかも知れない。 なんにせよこのままで終わるのはやるせないので、本格的な冬に入る前にもう一度走りに行っておきたいと思った。