読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「アンドロイドは電気羊の夢をみるか」を読んだ

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))

実は、これまで読んでなかった。 何故かというと、方方でやたらと古典扱いされているので何となく退屈な内容なのだろうと思い、わざわざ読む必要もないと無視してきたからだ。 しかし、先日観たブレードランナーが面白かったので早速読んでみたというわけだ。 結果としては、暇なのもあって殆ど今日一日で読んでしまった。

色んな人が色んな解釈をしているようだけど、僕は「人間の価値観が完全に破壊されていく話」だと思った。 喜怒哀楽、歴史、生命、宗教、人間の拠り所となる価値観が手当たり次第破壊されている。 最後に残ったのは、それでも人生には何か価値があるという信心だけだ。それも突き詰めると欺瞞であるということが分かっているから、追求を止め最後は寝て終わる。 考えることを止めて、お互いに嘘で励まし合いながら生きていくしか無い、という徹底して現実に根ざした話なのだと思った。

そういう意味では、この小説もディストピア小説に近い構造だな、と感じた。 ディストピア小説では人間が現実と対峙して精神が捻じ曲げられるか自殺するかだけど、この小説では第三の選択肢としてなあなあにして生きていくという現実に生きる我々にもっとも近い選択をした。

ということを思ったのだけど、ざっと他の人の感想なんかを眺めると誰もそんなふうには受け取ってなさそうだったので、僕が勝手に歪んだ解釈をしているだけかも知れない。