読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最高の耳栓を目指して

メモ 睡眠

僕は騒音に敏感なため就寝時には耳栓が必須です。

耳栓の選択、それはケースバイケースですが、就寝時において一つの完成形が見えて来ましたので共有いたします。

これを装着時に、

f:id:shimobayashi:20130728151538p:plain

こういう形に変形させて、蛇口の水を浴びせてから凸部分を耳の穴に充てがい押し込めます。

こうすることによって耳栓が粘性を獲得し、耳の穴をまんべんなく埋め立てると共に寝返り程度では簡単には抜けなくなり、寝起きまで理想的な遮音性を得ることができます。 また、あくまで粘土が耳の穴の形に変形しているだけですから、スポンジ系の耳栓のように圧迫感から痛みを感じることもありません。どのような形の耳の穴でも対応可能でしょう。

懸念点もあります。 先ず、そもそも耳の穴に詰めるような使い方をするな、と説明書にあります。欠片が誤って耳の穴の中にまで入り込んだ場合、最悪手術で取り出すしかないからでしょう。あまり凸部分を作らないようにしましょう。自己責任です。 また、耳の穴の中が密閉され高湿度な状態で長時間放置されることになります。もしかしたら耳に良くないかも知れません。少なくとも良いことは無いんじゃないでしょうか。

とはいえ、これ以上を求めるとまず確実にオーダーメイド耳栓の世界に入り込んでいくことは確実でしょうから、これで手打ちにしたいところです。