「灰と幻想のグリムガル」を読んだ

いつも通りはてブのゲームタグをウォッチしていたら、 この記事 を見てこの本を知った。

著者に覚えがあったのでなにかと思ったら、薔薇のマリアの人だった。 薔薇のマリアは3巻くらいでダンジョンハックからシティアドベンチャーみたいな感じになってきたので読むのを止めたのだけど、ウィザードリィっぽい感じとか言われたら気になるし、なんかラノベ読みたい気分だったのでとりあえず買ってみた。

内容については先述の紹介記事の通りで、 本1冊使って延々とゴブリン狩りしてるのが良かった。 多分2巻が出たら買うと思う。

設定とかあんまリアリティー無いしお話にもそれほど展開ないし全体的にやっぱラノベっぽいんだけど、 自分は意外と楽しんでするすると読めるというのが意外な感じだった。

整合性とかドラマとか無くても、とにかく感情移入さえできれば案外楽しめるものなんだなあ、という発見があった。

著者はあからさまにウィザードリィとかあのへん意識してるし、 自分の場合は最近のエントリーを見ての通りいまだにあの辺りの空気感から抜け出せないまま歳食ってるような感じなので、 すんなりと入り込めたのだと思う。

というわけで、そういう感じの人にはおすすめです。 あんま関係ないけど灰と隣り合わせの青春も電書で復刊していることに気づいた。